ドラッグストア監修アレルギーに関する解説するサイト

アレルギーの薬

以前から、皮膚科では湿疹・皮膚炎群の痒み止めとしてポララミン、タベジールなどのいわゆる古典的抗ヒスタミン剤(I型アレルギー反応の第III相を拮抗する)が使われてきたました。その後、インタール、リザベンなど第II相のケミカルメディエター遊離を抑制する新しいアレルギー用薬が発売され、インタールは消化管から吸収されないため、点眼、点鼻、吸入薬として気管支喘息、アレルギー性鼻炎の治療薬として用いられています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

リザベンは本邦で開発された薬剤で経口投与が可能であった。発売当初は体質改善薬といわれ、抗アレルギー作用によりアトピー性皮膚炎や喘息などの患者が長期間(2〜3年くらい)服用すれば体質改善が可能であると宣伝したため抗アレルギー薬と呼ばれた。しかし、長期服用にもかかわらず体質改善効果はなく、抗ヒスタミン作用がないので、湿疹・皮膚炎群の痒み止めとしても使われなくなった。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

最近ではIL-1の産生抑制を期待して肥厚性瘢痕の予防薬といわれるが、実際の効果は不明な面もあり、リザベンのような抗ヒスタミン作用がない薬は痒みの強い皮膚疾患に使えないため、ケミカルメディエター遊離抑制作用と抗ヒスタミン作用を併せ持つザジデンが発売されました。以後、ケミカルメディエター遊離作用のわずかの違いで、セルテクト、アゼプチン、セルテクトなど多くの薬が発売された。しかしザジテン以降に発売された薬も作用の主体が抗ヒスタミン作用であり、第二世代抗ヒスタミン薬と呼んでいます。

 

薬剤師 就職