ドラッグストア監修アレルギーに関する解説するサイト

アレルギーの治療法

アレルギー疾患の治療法として、原因に対する根本的な治療としては減感作療法があります。また、対症的な治療としては、種々の薬物療法がよく発達しています。市販の治療薬などもあり、それらを使用すると治療できることもあり、今回は聞きなれない減感作療法について説明していきたいと思います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

減感作療法(げんかんさりょうほう)はアレルギー性疾患の原因アレルゲンを次第に増やしながら注射してゆき、アレルゲンに対する免疫を得ようとする治療法です。国際的には免疫療法と呼ばれています。 喘息や鼻炎などのアレルギー性気道疾患が対象になります。喘息や鼻炎の重症度を軽減すること、薬物を減らすことを期待して行われます。位置づけは薬物の補助であって、いわばオプションです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

喘息では通年性の環境抗原であるダニに対して、鼻炎ではダニとスギ花粉とが対象になります。ダニの場合、ダニを主成分とする室内塵(しつないじん)(ハウスダスト)を治療に用いますが、今日、日本ではこの治療を行う施設は少なくなっています。効果は病状によってまちまちなので、喘息では呼吸器内科、鼻炎では耳鼻科で、おのおのアレルギーを専門とする医師に相談することをすすめます。いろいろなアレルゲンに対してアレルギー反応を生じにくくするとされる非特異的減感作療法薬というものがあり、皮膚炎や鼻炎に用いられるヒスタグロビンなどがこれにあたります。

 

ドラッグストア