アレルギーに関する解説するサイト

アレルギーの発生メカニズムによる分類

アレルギーは発生機序よりT型〜X型に分類されます。T型は外部の抗原と内部のIgE抗体が直接反応し抗原が体内に入るとすぐに反応が起こり、全身に起こると血圧の低下によるショック状態となることもあります。即時型過敏と呼ばれ、気管支喘息や急性蕁麻疹などの急性期症状がみられ、救急治療の対象になります。 U型はIgG抗体が関与し、抗原を取り込んだ細胞に抗体が結合し、そこを白血球が攻撃し細胞障害を引き起こすもので、B型やC型慢性肝炎、不適合輸血などがあります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

V型は抗原抗体に補体と呼ばれる成分が結合した免疫複合体が形成され、その複合体が付着した部位で炎症を引き起こすもので、ゆっくりした反応ですが長く続くことが多い。過敏性肺臓炎や全身性エリテマトーデス、糸球体腎炎などです。W型は抗原と特異的に反応する特殊なT細胞が周囲の臓器に炎症を起こし、リンパ球が関与し反応はゆっくりで、遅延型過敏症とも呼ばれます。薬剤アレルギーや金属アレルギーなどです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

X型は自分の細胞の一部に対して抗体を作り、その刺激により細胞から過剰な物質が分泌され続ける病態です。バセドウ病などの甲状腺炎が代表的です。 アレルギー疾患と類似した疾患に自己免疫疾患があります。自己の体を構成する組織を非自己な抗原と認識し、それを排除しようとして、免疫反応を起こし特定の臓器や部位に炎症を起こしてしまう疾患です。難病とされる膠原病や関節リウマチがあり、円形脱毛症などもこの疾患とされます。

 

ドラッグストア