ドラッグストア監修アレルギーに関する解説するサイト

アレルギーの原因物質

細菌やウィルスなど自分以外の物質の多くは、一般に皮膚や粘膜(目・鼻の粘膜や消化管の粘膜など)を通って体内に侵入します。皮膚の表面にはバリアーの働きをする角質の層があり、それによって微生物の侵入から守られています。一方粘膜は粘液で覆われているだけでなので、皮膚に比べると、微生物などの異物が侵入しやすいといえます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

だからといって容易に異物が侵入しては困るので、免疫システムが働くのです。ただ、異物の中でも特にアレルギーの原因となる物質が体内に侵入し、その物質に対して免疫システムが過剰反応を起こした場合にアレルギー症状がでます。
例えば、ダニやハウスダストや花粉などが鼻粘膜を刺激することで起きるアレルギー性鼻炎などがあります。花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどが主なアレルギーとして知られています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

スギやヒノキ、ブタクサといった植物の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎が、いわゆる「花粉症」です。 アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ人に多く発症する、かゆみのある湿疹です。アトピー性皮膚炎の根本的な原因は、皮膚のバリアー機能の低下です。そのため、細菌の毒素やダニ、花粉などのアレルギーの原因物質が、皮膚の内側まで入り込みやすくなるのです。
気管支の粘膜で起きるアレルギーがぜんそくです。ダニやハウスダストなどを吸い込んで気管支の粘膜を刺激して起こります。

 

ドラッグストア