アレルギーに関する情報サイト

アレルギーとは

アレルギーとは特定の抗原(細菌、花粉、動植物や薬物など)に対して免疫反応が過剰に起きて人体に有害な作用を及ぼすことです。
本来の免疫反応は外部からの異物を排除するための生体にとって不可欠な生理的な反応です。その免疫の働きを利用した予防接種は意図的に細菌やウイルスに対して免疫を起こさせるものです。

 


過剰な反応が起こる原因は未だ不明ですが、反応の起こる部位や機序に関しては研究が進んでいます。 アレルギーは同じ抗原に接してもほとんどの人間には異常反応が起こらないのに一部の人にのみ有害な反応が起こる現象です。

 

アレルギー疾患では炎症反応が起こる部位や抗原の種類による分類があります。前者はアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(いわゆる花粉症)、アレルギー性結膜炎、胃腸炎、気管支喘息であり、後者は食物アレルギー、薬物アレルギーなどです。アレルギーは発生機序よりT型〜X型に分類されます。

 

T型は外部の抗原と内部のIgE抗体が直接反応し抗原が体内に入るとすぐに反応が起こり、全身に起こると血圧の低下によるショック状態となることもあります。即時型過敏と呼ばれ、気管支喘息や急性蕁麻疹などの急性期症状がみられ、救急治療の対象になります。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

アレルギーの原因物質

細菌やウィルスなど自分以外の物質の多くは、一般に皮膚や粘膜(目・鼻の粘膜や消化管の粘膜など)を通って体内に侵入します。皮膚の表面にはバリアーの働きをする角質の層があり、それによって微生物の侵入から守られています。一方粘膜は粘液で覆われているだけでなので、皮膚に比べると、微生物などの異物が侵入しやすいといえます。
だからといって容易に異物が侵入しては困るので、免疫システムが働くのです。ただ、異物の中でも特にアレルギーの原因となる物質が体内に侵入し、その物質に対して免疫システムが過剰反応を起こした場合にアレルギー症状がでます。
例えば、ダニやハウスダストや花粉などが鼻粘膜を刺激することで起きるアレルギー性鼻炎などがあります。花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどが主なアレルギーとして知られています。 スギやヒノキ、ブタクサといった植物の花粉が原因となるアレルギー性鼻炎が、いわゆる「花粉症」です。 アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ人に多く発症する、かゆみのある湿疹です。アトピー性皮膚炎の根本的な原因は、皮膚のバリアー機能の低下です。そのため、細菌の毒素やダニ、花粉などのアレルギーの原因物質が、皮膚の内側まで入り込みやすくなるのです。
気管支の粘膜で起きるアレルギーがぜんそくです。ダニやハウスダストなどを吸い込んで気管支の粘膜を刺激して起こります。

 

アレルギーの発生メカニズムによる分類(T型〜X型)

アレルギーは発生機序よりT型〜X型に分類されます。T型は外部の抗原と内部のIgE抗体が直接反応し抗原が体内に入るとすぐに反応が起こり、全身に起こると血圧の低下によるショック状態となることもあります。即時型過敏と呼ばれ、気管支喘息や急性蕁麻疹などの急性期症状がみられ、救急治療の対象になります。
U型はIgG抗体が関与し、抗原を取り込んだ細胞に抗体が結合し、そこを白血球が攻撃し細胞障害を引き起こすもので、B型やC型慢性肝炎、不適合輸血などがあります。V型は抗原抗体に補体と呼ばれる成分が結合した免疫複合体が形成され、その複合体が付着した部位で炎症を引き起こすもので、ゆっくりした反応ですが長く続くことが多い。過敏性肺臓炎や全身性エリテマトーデス、糸球体腎炎などです。W型は抗原と特異的に反応する特殊なT細胞が周囲の臓器に炎症を起こし、リンパ球が関与し反応はゆっくりで、遅延型過敏症とも呼ばれます。薬剤アレルギーや金属アレルギーなどです。X型は自分の細胞の一部に対して抗体を作り、その刺激により細胞から過剰な物質が分泌され続ける病態です。バセドウ病などの甲状腺炎が代表的です。
アレルギー疾患と類似した疾患に自己免疫疾患があります。自己の体を構成する組織を非自己な抗原と認識し、それを排除しようとして、免疫反応を起こし特定の臓器や部位に炎症を起こしてしまう疾患です。難病とされる膠原病や関節リウマチがあり、円形脱毛症などもこの疾患とされます。